B.R.M

数多くの美しいパーツたち

あらゆる製作過程で求められるのは「完璧さ」

パリ近郊のアトリエで、創業者ベルナール・リシャールは、自身が実力を認めた少数の職人とともに、複雑な部品を、昼夜を問わず組み立てています。ケース(ムーブメントを収める外側の容器)は、通常は深さ16〜18mmの型で、一つのスタンピングプレスを使用して製造しますが、「B.R.M」の時計は3mのチタンのバーを機械加工して、18の異なる部品を生み出し、それを組み立てていきます。ストラップのバックルは、通常の高級時計では3個から作られていますが、「B.R.M」は12個以上を組み合わせています。また、「B.R.M」のラグ(腕時計のケースとベルトプレスを固定する部分)も、通常のビルトインラグではなく、各部品を別々に機械加工し、ケースに取り付けます。非常に難しく複雑な工程ですが、このような手間をかけることでさまざまな色や素材を使うことができ、千差万別のカスタマイズが可能となります。

B.R.M.

手間を惜しまない

主要な作業はすべて手作業で行われる、

文字盤を作成するには、20もの過程を必要とします。また、組み立ても特殊なネジを使っているため、通常の機械加工に比べると12倍もの時間が必要です。下請業者に出すこともできましたが、ベルナール・リシャールは、すべて自分の目の届く範囲での作業にこだわりました。フィッティングから組み立て、セッティング、研磨まで全ての主要な作業は自らのアトリエで行っています。ですから、年間で約2000個と数を制限し、品質を落とさないように大量生産を意識的に回避しているのです。「B.R.M」は、これからも量ではなく質にこだわり続けて、オリジナリティの高い時計を発信し続けていきます。